2018/01/15

カサデエスペランサ 新春ライブ 終了しました

2018年1月13日(土)に開催されたカサデエスペランサの新春ライブが終了しました。
おかげさまで70名を超えるお客様にご来場いただき、とても活気のあるライブとなりました。
予定のメンバーから2名変更になり、多少の心配はありましたが、リハも和やかに終わり、本番はとても楽しいライブでした。
ギター:小原正裕 内藤信
カンテ:有田圭輔 許有廷
1部は全員で踊るタンゴから始まりました。



その後はアトラクションソロとなりました。
トップバッターは鈴木千琴さんのソレアポルブレリア。
そしてグァヒーラを林順子さん。
林さんのグァヒーラはカスタネットとアバニコの両方を使っての凝った構成。アバニコもシーン毎に使い分けて全部で3本使用されました。
次に、お客様にはあまり馴染みがないコプラを勝羽ユキさんが歌われました。
カーネーションが客席から投げ入れられ、客席からアカペラで歌いながら登場。
その後、RocioとOjos veredの2曲を歌いました。
1部の最後に私がファルーカを踊りました。


最後は全部踊る前にハケ歌が来てしまいまして…ちょっと失敗です。
もっと勉強します。
休憩を挟んで2部はクアドロです。
ギター2名に歌い手2名、パルメラ1名と踊り手3名。
エスペランサのステージも盛りだくさんでした。
パルマをしていると内藤氏とかなりくっついて向かい合わせに座っている感じで、ギターの音を直接お腹で受け止めている感じで、初めての感覚での舞台でした。
アレグリアス 鈴木千琴
タラント    林順子
ソレア     阿部碧里
ブレリア    全員
ソレアの時は小原さんのチューナーが飛んでくるアクシデントがありましたが、踏み潰すことなく無事踊れました。
衣裳のチョイスを失敗しまして、背中が見えていたようで、またまた失敗です。。。


ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました!
今年もだいたい月1回程度の頻度で踊る機会があります。
頑張って取り組みたいと思います。
よろしくお願いします!

コメント

非公開コメント