2018/08/31

夫婦の絆のフラメンコ

2018年8月30日(木)にプリメラギター社主催の「夫婦の絆のフラメンコ」に出演しました。
内藤に出演依頼をいただいたのはずいぶん前のことです。
ギターと踊りだけで作品を、というお題をいただき、取り組んできました。
フラメンコの本質はカンテなのに、ギターと歌だけ、結構な難問です。
いろいろと考えましたが、普通のことをやってはタブラオと変わらないので、このテーマに合った作品をやろうと取り組んできました。
まず、内藤が曲を作りそれに私が振りを付ける。
何日もかけて考えた自信作でしたが、あえなく却下。
私は以前退社してスペインに行き、帰国後に実家の仕事(広告代理店)を手伝っていましたが、コピーを書いたり原稿を書いて担当の方に見せたら全部やり直し、と言われることが多々ありました。却下されても理由はごもっともなことなのでまた考え直します。言われたとおりにやり直したら、最終的には最初に戻ったり…
それを思い出しました。
今までギターやパルマに頼っていたことを反省し、見ている観客の方に分りやすいことをやる。
余計なことはしない、でもおさえるところはきちんとおさえる。
非常に難しいですね。
やっと出来上がった作品。
とても満足していますが、見ている方に伝わるかは心配でした。
ギターと踊りだけでの表現。
今までは表があっての裏拍、表があって3連、私にとっては大前提だと思っていたことでしたが、常にどちらかがそれを表現しながらの演技です、リズムに関して言えば二人で聞こえないベースのコンパスを流してのそれぞれの作業は非常に難しかったです。
見ている方にはそれほど伝わらない地味な作品かもしれません。
パルマは本番は伊集院くんを頼むことはできましたが、私たちはあえて二人で本番に臨むことにしました。
今回は7組の夫婦が出演しました。
1.石井奏碧・神谷真弓夫妻 Guajira
2.田中竜太・田中菜都子夫妻 Fangango
3.増井建一・増井みどり夫妻 Zanbra
4.須田隆久・上薮よう子夫妻 Taranto
5.智詠・伊須裕巳夫妻 Guajira
6.内藤信・阿部碧里夫妻 Buleria
7.永潟三貴生・横山亜弓夫妻 Martinete
それぞれPaloが違うだけでなく全く違う取り組み方で面白かったです。
ギタリストが歌いながら弾いたり、弾いたと思えば踊ったり。歌のパートは音源を使ったり。
やはり歌があるとないとでは大違いです。
リハの様子をモニターで見ながら、みなさん自分の専門以外のこともできてすごいなぁと思いました。
プログラムの写真は首里城で撮影したこの写真です。
首里城
二人で撮った写真がないから旅行中の顔ハメ写真を掲載したのかと思ったかもしれませんが、実はこの曲のテーマは首里城でした。
琉球っぽい音は入っていなくてフラメンコの音階だったので誰も分らないと思いますが 笑
彼が作曲をした時に考えていたことと私が振りを付けたときに考えていたことは同じかは分りませんが、私は、首里城の門に行くまでの坂道を上るときの静かで厳粛な感じや、開けた空の感じ、繁栄と衰退の様、時代は終わっても静かに荘厳に今もたたずむ首里城、まさに二人で歩んでいく人生のようだなと感じながら振りを作り踊りました。
8月最後の日で、今年の酷暑の中で取り組んで来たので、夏が終わった~、というやり終えた感が非常に大きかったです。
通常のタブラオと違い、かなり力を入れた作品でした。
平日の夜、そしてちょと高めなチケットのせいか、生徒さん達もあまり見に来てくれなかったのが非常に残念でした。
もっとたくさんの方に見ていただきたかったなぁと言うのが本心です。
ホールで踊ることも私はとても好きなので、また機会があればと思います。
フィンデフィエスタの夫婦毎のブレリアもそれぞれ個性豊かでとても楽しませていただきました。
共演者のみなさま、ご来場いただきましたお客様、そして主催の吉田さん、本当にありがとうございました。

ダブルみどりで~す
増井みどりさんと。

伊須さんと

神谷真弓ちゃんと。
今やお母さん。知り合った頃はあんなに若かったのに~、とちょっと感慨深かったです。

盛岡から。いつもいつも見に来てくださって本当にありがとうございます!
  
東京教室のみなさん。
いつもありがとうございます!

リハーサルの様子

出番前
2018/08/10

アウラフラメンカ秋田10周年記念ライブ

秋田教室を開校して、なんと10年が経ちました!
他のことはあっという間の10年の様な気がしますが、秋田教室は「10年経ったなぁ~」という感じで、本当に昔のことのようです。
私自身まだまだ体力も気力もバリバリの30代半ばでしたので、月2回1日で6クラスなんて全然へっちゃらでした。
今は行くだけでも大変…。
開校してからスタジオも何度も変わりました。
スタジオのオーナーが突然夜逃げしてしまいレッスンする場所がなくなって大変な時もありました。
とにかくいろいろなことがあった秋田教室。
非常に感慨深いです。
でも、秋田に着くと季候も町並みもとても好きで、秋田に来られて良かった、と思います。
何の縁もなかった秋田ですが、10年も通うことになるというのは、何かの縁があったのでしょうね。
これからも愛すべき秋田教室と生徒達と一緒にフラメンコを楽しんでいきたいと思います。

なかなか生のライブを見る機会が無い秋田ですので、10周年を記念してライブを開催することにしました。
みなさま、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

日時:2018年10月7日(日) 17時00分開場 18時30分開演
場所:Music Bar Porto (ミュージックバー ポルト) 秋田市大町1-2-7  サンパティオ大町
料金:4,000円(1ドリンク付)

[チケットお申込み]
阿部碧里フラメンコ教室事務局 050-1402-5551 info@abemidori.com
※チケットお申込み順じ良いお席を確保いたします

出演
踊り:阿部碧里 梶山みずえ 寺田香穂
ギター:内藤信
歌:小松美保

秋田10周年記念ライブ

2018/08/07

竿灯市民パレードに参加しました

秋田市で毎年8月3日~6日に開催される竿灯、まつり。
東北三大祭りの一つで大変盛大に開催されるお祭りです。

秋田市竿燈まつり実行委員会公式WEBサイト

竿燈入場前の竿燈大通りを、横断幕や揃いの衣装でそれぞれの団体の活動をPRするパレードが竿燈市民パレードです。
夜が本番ですが、その竿燈が入場する前に市民の希望する団体が参加できます。

今年はアウラフラメンカ秋田教室も参加させていただきました。

初めお話しをいただいた時はセビジャーナスを踊るという話でしたが、フタを開けてみれば全く違いちょっと戸惑いました。
パレード参加者全員で同じ曲を踊ります。

1曲目は「浜辺の歌」。
「浜辺の歌(はまべのうた)」は、作詩:林古渓、作曲:成田為三による日本の唱歌・歌曲で大正5年(1916年)発表の曲です。
作曲者、成田 為三(なりた ためぞう/1893-1945)は、秋田県北秋田郡米内沢町(現在の北秋田市米内沢)の生まれです。
秋田に縁がある作曲家の曲で参加者全員が踊りました。

もう1曲は「イヤサカAKITA」。国民文化祭総踊り曲らしいです。
振付はチーム毎ということでしたので、先週の秋田教室のレッスン日にみなで練習しました。

昨日の予報では雨だったので心配でしたが、今日は雨も降らず、参加者全員楽しく踊ることができました!



踊る前の集合写真。
会社を半休取って参加したり、平日のお祭りはなかなか大変です。



パレード参加後の達成感ある表情のみなさん。
お疲れ様でした!
2018/08/06

Yolanda Heredhia の COLORES に出演しました

2018年8月1日(水)、アルハムブラで開催されたジョランダのライブに出演しました。
ご来場くださったみなさん、ありがとうございます。

本当に楽しいライブでした。
あゆみさんは今回初めて共演させていただきました。
美恵さん、あつこさん、あすかちゃんとは以前から仲良くしていただいているので、今回のメンバーでのライブは事前の練習を含めて本当に楽しいライブでした。

初めてスペインに行った時からジョランダに習っていますが、まさか同じステージに立てるとは。
感無量です。
客席の皆さんも全員がさらにジョランダのファンになったことだと思います。

また来年、日本に来てくれるのを楽しみにしています!


オープニング Sevillanas de lebrija
Taranto  阿部碧里
Solea por Buleria  忍あつ子
Tango de Malaga  北島歩
Garrotin  片桐美恵
Solea  正路あすか
Buleria al golpe



オープニング










おまけ

串カツで打ち上げ~!