2018/08/31

夫婦の絆のフラメンコ

2018年8月30日(木)にプリメラギター社主催の「夫婦の絆のフラメンコ」に出演しました。
内藤に出演依頼をいただいたのはずいぶん前のことです。
ギターと踊りだけで作品を、というお題をいただき、取り組んできました。
フラメンコの本質はカンテなのに、ギターと歌だけ、結構な難問です。
いろいろと考えましたが、普通のことをやってはタブラオと変わらないので、このテーマに合った作品をやろうと取り組んできました。
まず、内藤が曲を作りそれに私が振りを付ける。
何日もかけて考えた自信作でしたが、あえなく却下。
私は以前退社してスペインに行き、帰国後に実家の仕事(広告代理店)を手伝っていましたが、コピーを書いたり原稿を書いて担当の方に見せたら全部やり直し、と言われることが多々ありました。却下されても理由はごもっともなことなのでまた考え直します。言われたとおりにやり直したら、最終的には最初に戻ったり…
それを思い出しました。
今までギターやパルマに頼っていたことを反省し、見ている観客の方に分りやすいことをやる。
余計なことはしない、でもおさえるところはきちんとおさえる。
非常に難しいですね。
やっと出来上がった作品。
とても満足していますが、見ている方に伝わるかは心配でした。
ギターと踊りだけでの表現。
今までは表があっての裏拍、表があって3連、私にとっては大前提だと思っていたことでしたが、常にどちらかがそれを表現しながらの演技です、リズムに関して言えば二人で聞こえないベースのコンパスを流してのそれぞれの作業は非常に難しかったです。
見ている方にはそれほど伝わらない地味な作品かもしれません。
パルマは本番は伊集院くんを頼むことはできましたが、私たちはあえて二人で本番に臨むことにしました。
今回は7組の夫婦が出演しました。
1.石井奏碧・神谷真弓夫妻 Guajira
2.田中竜太・田中菜都子夫妻 Fangango
3.増井建一・増井みどり夫妻 Zanbra
4.須田隆久・上薮よう子夫妻 Taranto
5.智詠・伊須裕巳夫妻 Guajira
6.内藤信・阿部碧里夫妻 Buleria
7.永潟三貴生・横山亜弓夫妻 Martinete
それぞれPaloが違うだけでなく全く違う取り組み方で面白かったです。
ギタリストが歌いながら弾いたり、弾いたと思えば踊ったり。歌のパートは音源を使ったり。
やはり歌があるとないとでは大違いです。
リハの様子をモニターで見ながら、みなさん自分の専門以外のこともできてすごいなぁと思いました。
プログラムの写真は首里城で撮影したこの写真です。
首里城
二人で撮った写真がないから旅行中の顔ハメ写真を掲載したのかと思ったかもしれませんが、実はこの曲のテーマは首里城でした。
琉球っぽい音は入っていなくてフラメンコの音階だったので誰も分らないと思いますが 笑
彼が作曲をした時に考えていたことと私が振りを付けたときに考えていたことは同じかは分りませんが、私は、首里城の門に行くまでの坂道を上るときの静かで厳粛な感じや、開けた空の感じ、繁栄と衰退の様、時代は終わっても静かに荘厳に今もたたずむ首里城、まさに二人で歩んでいく人生のようだなと感じながら振りを作り踊りました。
8月最後の日で、今年の酷暑の中で取り組んで来たので、夏が終わった~、というやり終えた感が非常に大きかったです。
通常のタブラオと違い、かなり力を入れた作品でした。
平日の夜、そしてちょと高めなチケットのせいか、生徒さん達もあまり見に来てくれなかったのが非常に残念でした。
もっとたくさんの方に見ていただきたかったなぁと言うのが本心です。
ホールで踊ることも私はとても好きなので、また機会があればと思います。
フィンデフィエスタの夫婦毎のブレリアもそれぞれ個性豊かでとても楽しませていただきました。
共演者のみなさま、ご来場いただきましたお客様、そして主催の吉田さん、本当にありがとうございました。

ダブルみどりで~す
増井みどりさんと。

伊須さんと

神谷真弓ちゃんと。
今やお母さん。知り合った頃はあんなに若かったのに~、とちょっと感慨深かったです。

盛岡から。いつもいつも見に来てくださって本当にありがとうございます!
  
東京教室のみなさん。
いつもありがとうございます!

リハーサルの様子

出番前
2018/08/06

Yolanda Heredhia の COLORES に出演しました

2018年8月1日(水)、アルハムブラで開催されたジョランダのライブに出演しました。
ご来場くださったみなさん、ありがとうございます。

本当に楽しいライブでした。
あゆみさんは今回初めて共演させていただきました。
美恵さん、あつこさん、あすかちゃんとは以前から仲良くしていただいているので、今回のメンバーでのライブは事前の練習を含めて本当に楽しいライブでした。

初めてスペインに行った時からジョランダに習っていますが、まさか同じステージに立てるとは。
感無量です。
客席の皆さんも全員がさらにジョランダのファンになったことだと思います。

また来年、日本に来てくれるのを楽しみにしています!


オープニング Sevillanas de lebrija
Taranto  阿部碧里
Solea por Buleria  忍あつ子
Tango de Malaga  北島歩
Garrotin  片桐美恵
Solea  正路あすか
Buleria al golpe



オープニング










おまけ

串カツで打ち上げ~!
2018/07/31

カサデエスペランサに出演しました

2018年7月28日(土)に講師の梶山みずえがカサデエスペランサに出演いたしました。
ちょうど台風が来ている最中で、お客様が大変少ないライブでした。
3分の2以上が梶山のお客様。
みなさんキャンセルせずに見に行ってくださいまして本当に有り難いです!
前週末に盛岡教室発表会で踊ったばかりの梶山。
中5日で本番2回は大変だったと思います。
でも回を重ねる毎に良くなります。
1部
セビジャーナス 全員
グァヒーラ  梶山みずえ
タンゴデマラガ 加藤万理
ソレア  鈴木もなみ
2部
タラント 梶山みずえ
ガロティン 鈴木もなみ
アレグリアス 加藤万理
ブレリア 全員

次回のカサデエスペランサは11月23日のエスペランサ開店47周年記念ライブに私が出演させていただきます。
みなさま、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。
2018/07/24

盛岡教室の発表会が終わりました

2018年7月22日(日)に盛岡教室の発表会を開催致しました。

2年3ヶ月ぶりの発表会で、生徒全員張り切って臨みました。

盛岡教室の発表会は、毎回盛岡劇場というホールで開催いたします。
都内にはないとても条件のよいホールです。

舞台はコンパネ49枚が敷けるサイズで、しかも演劇用のホールなので奥行きは49枚敷いてもまだまだあるので、伴奏者席を踊るスペース外に設置できたり(コンパネの上だとモニターなど置いたらコンパネ2枚程度使えなくなるので非常に狭くなります)、しかも今時なかなかない床にコンパネを釘で打ち付けられるホールです。

そして、舞台は広いのに客席は400席程度で、音の返りも良く、演者とお客様双方にとってよい空間です。
何より、外注でPAさんや照明さんをお願いせずとも、ホール付きのスタッフさんでも回せる技術と機材の良さ。
そのため、少人数の盛岡教室ですが都内でのホールで発表会を行なう時とは比較にならない経費で済みます。
発表会は参加費や諸々の経費が生徒にとってかなりの負担になるので、大切な条件となります。
その代わり、業者さんをお願いしないのでコンパネ搬送や設置、撤去などは生徒やお手伝いのメンバーの作業となります。

まず、発表会は前日のコンパネ敷きから始まります。
この様子を見ると、発表会が始まるなぁという気分になります。

出演者のご家族の男性方もお手伝いしてくださいます。


コンパネ設置の後、照明を釣り終わるまでの間にリハーサル室での練習、夜はステージでの本番通りの練習、発表会当日の午前中にゲネプロ。

ここでもう出演者みな体力の限界かなぁ。
3曲出る生徒などは本番を入れると12回も踊ることになります。
すごいですね、本当に。

体力温存のためにあまり本気で踊らないように、と注意しても、やはり衣裳を着て生伴奏でステージに上がれば本気モードで踊ってしまいます。

グァヒーラ。
3曲踊る生徒さんが3名もいますっっ!


上級クラスのアレグリアス  。

盛岡教室のすごいところは、在籍生徒全員が参加します(打ち上げもなんと全員が参加してくれます)。
そのためお手伝いスタッフがいないので、
秋田や東京教室の先生がお手伝いに駆けつけてくれます。
ホールの発表会はロビー側と楽屋側が離れているので、ガルロチの発表会とは違い大人数のお手伝いが必要です。
みなさんのお手伝いあってこそ、成功するといえます。
みなさんありがとうございます。


いよいよ開場!

東京教室、よみうりカルチャー大宮教室、秋田教室の生徒さんたちから応援のお花が届きました。




ありがとうございます!

開演して仕舞えば本番はあっという間に終わってしまいます。

何だか寂しいですね。



またコンパネを剥がして撤去。
スタジオへ持ち帰ります。



上級クラスと初級クラスのみなさんと。
上級クラスはアレグリアス、初級クラスはタンゴを踊りました。


中級クラスのみなさんと。
今回は難しいシギリージャに挑戦しましたが、とても良くできました!


中級クラスのみなさん。
タンゴデマラガ、グァヒーラ、アレグリアスの3曲に挑戦した生徒さんもいます。

梅雨がやっとあけ、お天気の良い中での発表会でした。
暑いていっても、気持ちの良い東北の夏。
月曜日に大宮駅に着いた時の何とも言えない不快な暑さ。
空気の層が熱くて暖房ついているかのようです。熊谷が日本新記録の41度になったちょうどその時間に帰ってきたので本当に暑かったです…

発表会開催にあたり本当にみなさんに助けていただきました。
ありがとうございます。

そして出演者のみなさん、お疲れ様でした!
次回のレッスンが楽しみです。これからも楽しくフラメンコしましょう!


[オマケ]

今回発表会の撮影をお願いした業者さん。
新しい機材を買ったと言っていましたが、こんな感じでした。
リハーサルの時、かなり接近して撮影してくださいました。
クルリと周りを回って撮影されたり、下からナメるように撮ったり。
DVDが楽しみですね。



前日の夜は、美味しいものをたくさん食べました~。

珍しい焼いた鰤のお寿司も美味しかったです。
2018/06/25

ノヴェンバーイレブンス ソリスタデビューライブに出演しました

2018年6月23日(土)、ノヴェンバーイレブンスのソリスタデビューライブに盛岡教室の峠恵理子が出演させていただきました。

ギター: 盛植俊介
カンテ: 鞍掛和子

1部
ファンダンゴ 2部出演者全員
タラント    宇田川幸子 (加藤明日香教室)
ソレア     廣野久美子 (片桐美恵教室)
アレグリアス 若林作絵 (青木愛子教室)
ティエント     山神江利子 (碇山奈奈教室)
ブレリア    1部出演者全員

2部
セビジャーナス 1部出演者全員
ティエント     磯部葉月 (浅見純子教室)
タンゴデマラガ 峠恵理子 (阿部碧里 盛岡教室)
グァヒーラ    村田郁美 (藤井かおる 仙台教室)
ソレア      高崎よし江 (齋藤尚子教室)
ブレリア     2部出演者全員

盛岡教室の峠恵理子は阿部碧里企画のアルハムブラライブ、そしてイベリアのアカデミア企画のライブに出演したことがありますが、身内以外の方との都内でのライブは初めてでした。
かなり緊張したと思いますが、とても良く踊れていました。
私が盛岡に指導に行く回数が限られているのでずいぶん前から取り組み、コツコツと練習してきました。
私の不安をよそに、とても良く踊れていました。
まだまだ勉強することが多いと思いますが、この調子で頑張って欲しいです。

最後のブレリアは間違いが伝染病の様に広まり、全員がグダグダでちょっと残念でしたねぇ。
ブレリアって難しいですね…。

       

ファンダンゴ

       
       
       

タンゴデマラガ
おニューの素敵な衣裳で臨みました!       

ソリスタデビューライブは、同じ位のレベルの他教室の練習生と同じステージに立つことで、いろいろ勉強になることや、また、同じ気持ちで頑張ってフラメンコに取り組んでいる人と交流を持つことで自らのモチベーションもさらに上がる良い機会だと思います。
峠も沢山の刺激を受けて、これからも頑張ることだと思います。

峠恵理子は7月22日(日)に盛岡教室の発表会でソロを踊ります。
ご都合が宜しい方は是非応援にいらしてください!
第9回アウラフラメンカ盛岡発表会

おまけ

東京教室から応援に駆けつけたメンバーと記念撮影。
なんだか戦隊物ぽくて可笑しいので掲載しちゃいます…